ビナンカズラ 美男葛

Kadsura japonica

ちょっと陰気な緑濃いつる植物 indexへもどる
 
全景
2005年7月 東京都調布市
神代植物公園
2006年8月5日
神奈川県川崎市
東高根森林公園
2005年7月
東京都調布市
樹皮
2006年1月
京都府
2006年10月
神奈川県川崎市
川崎市緑化センター
分 類
特殊
区 分
常緑つる植物
科属 マツブサ科サネカズラ属
別名と外国名 別名:サネカズラ(植物図鑑表記はこちらの方が多い)
自生地(原産地) 関東以西、四国、九州、沖縄、済州島、中国、台湾
樹 高  
開花期と結実期 花:8月/実:10~11月
特 性

日照は陽地~陰地(適地は半陰地)/耐寒性はやや弱い/耐潮性は普通/耐暑性は強い

植栽域 関東以西~沖縄
美 性 常緑つる植物で、右巻きのつるにより登攀する。肉厚の葉は濃緑色で、縁にまばらな鋸歯がある。花は葉の影に隠れて目立たないが、果実は独特の形で10~11月頃赤く熟する。
用 途 地被、壁面緑化
管 理 ・竹垣などに這わせる場合、当初は誘引してやる。
・間引きは3月ごろ行なう。
類似種と品種 類似種:ニシキカズラ(黄斑)
文 化 ・名の由来は、、武士が樹皮の粘液を水で抽出して、頭髪剤として用いたことから。
・樹皮の粘液は整髪、製紙用の糊料に用いられた。
・果実を日干ししたものは南五味子といい、咳止めや滋養強壮に用いる。
メ モ

 

備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる