エゴノキ 売子の木

Styrax japonica Sieb.et Zucc.

白い雪が降り積もったような花 indexへもどる
全景

2005年8月 神奈川県箱根町

2005年5月21日
神奈川県箱根町


2006年8月
東京都渋谷区

樹皮

2005年7月
東京都調布市

2007年8月
神奈川県川崎市
分 類 高木 区 分 落葉広葉樹
科属 エゴノキ科エゴノキ属
別名と外国名 別名:エゴ、チシャノキ、ロクロギ、ロクロノキ/英名:Japanese snowbell
自生地(原産地) 北海道(日高地方)、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国、雑木林や山地の谷間、小川のほとりなどで普通にみられる
樹 高 7~12m
開花期と結実期 花:5月中旬~6月/実:8~11月
特 性 中庸樹/乾湿地に強く比較的土質を選ばない/成長は早い/弱度の剪定には耐える/移植容易/稍深根性/強風に耐える/潮風に強い/果皮に毒あり
植栽域 沖縄、九州~本州、北海道南部
美 性 単幹もあるが株立のものが多く出回っている。樹皮は暗紫褐色~淡黒色でなめらか。幹がすらっとして、ベル型の花が下向きにつくので、上からの観賞よりも下方から眺める方が良い。雑木風の庭園にも合う。花つきが良く、’ピンク・チャイム'などの紅花種は景観のアクセントになる。
用 途 公園樹、街路樹、庭園樹
管 理 ・枝抜き剪定を主とし、自然樹形に仕立てる。
・剪定適期は、12~3月。

・病害:褐斑病、さび病、うどんこ病など。
・虫害:アブラムシ類、カミキリムシ類など。
類似種と品種 類似種:ハクウンボク/変種:オオバエゴノキ、ホソバエゴノキ
品種:紅花エゴノキ(赤花種)、'エメラルド・パゴダ'、'ピンク・チャイムズ'
文 化

・果皮は有毒(エゴサポニン)で、この実を潰して川に流して、魚を酔って浮かせ魚採りに使った。
・若い果実をすり潰して石鹸のかわりにした。
・材は白く均質で、玩具、床柱、杖などに使われる。ロクロ細工にも使われる。
・和名由来は果皮がエゴイ(えぐい)ことによる。
・種子は、昔はお手玉に使われた。

メ モ ・果皮は有毒だが、種子はヤマガラの好物。
・枝先につくハスの花のような虫こぶはエゴノネコノアシと呼ばれる。
・繁殖は播種、接木、取木。
事例写真 全景(神奈川県横浜市都筑区。2015/5/6)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる