ハイノキ 灰の木

Symplocos myrtacea

現代ニーズに応える新庭木 indexへもどる
全景

2007年4月29日
東京都中央区

2007年4月29日
東京都中央区

2009年3月28日
東京都調布市
神代植物公園
樹皮

2006年10月15日
埼玉県川口市
準備中
分 類 高木 区 分 常緑広葉樹
科属 ハイノキ科ハイノキ属
別名と外国名 別名:イノコシバ
自生地(原産地) 本州(近畿以西)、四国、九州
樹 高 5~10m
開花期と結実期 花:4~5月/実:8~10月
特 性 陽地~半陰地/耐暑性は強い/耐湿性は強い/耐潮性は強い/生長は遅い/萌芽力あり
植栽域 関東以西太平洋側~沖縄
美 性 自然な柔らかい印象をもつ貴重な常緑樹。初夏に咲く白い花も涼しげで、清楚な印象がある。洋風の空間にも利用できるが、自然風の庭園にも利用されている。近年、見かけることが多くなってきた注目の高木である。
用 途 庭木、公園樹
管 理 ・夏場など乾燥期に葉を落とすことがある。
・自然樹形を楽しむ樹種のため、枝抜きなどの剪定となるが、成長は遅めなので手間は比較的かからない。
・植付け当初は、樹勢が衰えることが多い。
・病虫害は少ない。
類似種と品種 類似種:クロバイなど
文 化 ・名の由来は、木灰が媒染剤として利用されたことから。
メ モ ・比較的、高価。
事例写真  
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる