ハクチョウゲ 白丁花

Serissa japonica
(Serissa foetida)

星のように舞う丁子咲きの白い花 indexへもどる
全景

2007年5月27日
神奈川県横浜市
よこはま動物園ズーラシア

2005年5月12日
東京都世田谷区

2005年7月
神奈川県川崎市
斑入り種
樹皮
準備中 準備中
分 類 低木 区 分 常緑広葉樹
科属 アカネ科ハクチョウゲ属
別名と外国名 別名:バンテンシ、ハクチョウボク、コウチョウゲ、リトウハクチョウゲ
漢名:野丁香、満天星、六月雪
自生地(原産地) 中国、台湾、インドシナ
樹 高 50cm~1m
開花期と結実期 花:5月~7月
特 性 日陰にやや強い/適潤地が良い/痩地でも良い/成長は普通/萌芽力は強い /根は細根性/移植容易/病虫害に強い/耐煙性は普通/潮風に弱い/雌雄異株
植栽域 九州、四国、本州(東北以南)
美 性 漏斗状で先が5裂する1.5cm前後の白色の花は、濃緑色の葉に浮かぶ星のようにも見える。 多数の小枝を分枝させ、刈込にも耐えるので、玉形に仕立てたり、生垣や列植に良く利用される。 花は白色だが、桃色を帯びるものもある。斑入り種も多く流通している。
用 途 庭園樹、根締め、列植、生垣、鉢植、盆栽
管 理 ・刈込を6月、8月、10月に分けて行なえば、暖地では年中緑を保ち花が咲き続ける。
・カイガラムシが発生することがある。
類似種と品種 品種:桃花は'紅鳥木'の呼称で流通、ダンチョウゲvar.crassiramea、フイリハクチョウゲ'Variegata'、フタエハクチョウゲ、ヤエハクチョウゲ、ムラサキハクチョウゲ
文 化 ・日本には元禄年間(1688~1703)以前に渡来。
メ モ ・枝の節に棘がある・
・増殖は挿木、株分け
事例写真 列植(千葉県佐倉市歴史民俗博物館2005.8.28)
生垣(神奈川県横浜市四季の森公園2006.7.23)
枝を伸ばした単植(東京都世田谷区2005.5.12)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる