ハマナス 浜梨

Rosa rugosa

海辺のバラ indexへもどる
全景

2006年5月 千葉県印西市

2006年5月3日
千葉県印西市

2005年7月
茨城県つくば市
果実 樹皮

2006年7月
静岡県伊豆市

2008年5月
青森県弘前市
分 類
低木
区 分
落葉広葉樹
科属 バラ科バラ属
別名と外国名 別名:ハマナシ
自生地(原産地) 鳥取県以北の日本海側と茨城県以北の太平洋側/海岸の砂地
樹 高 1~2m
開花期と結実期 花:6~7月/実:8~9月
特 性 日照は陽地/乾燥に耐える/耐寒性は強い/耐潮性は強い/耐暑性はやや弱い/生長は早い
植栽域 日本全土
美 性

株立状。細い枝刺が多く、全体に短毛が多い。初夏、枝先に紅紫色で大輪の花を咲かせる。花には強い芳香があり、香料の原料になるほど。果実は扁球形、8月頃紅熟し光沢があり、生食可。

用 途 庭園樹、公園樹
管 理  
類似種と品種 シロバナハマナス
文 化

・名の由来は、果実が甘酸っぱく、梨にたとえたことから。
・果実はジャム。花は香水(バラ水)の原料に利用される。

メ モ

・地下茎を伸ばして増えていく。

備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる