ハツユキカズラ 初雪蔓

Trachelospermum asiaticum ' Hatuyukikazura'

ファンシーカラーのつる植物 indexへもどる
 
全景
2008年7月21日
愛知県名古屋市
ランの館
準備中 2006年8月20日
神奈川県川崎市

冬葉
準備中 2011年1月2日
神奈川県横浜市
分 類 地被 区 分 常緑つる植物
科属 キョウチクトウ科テイカカズラ属
別名と外国名 別名:ゴシキカズラ
自生地(原産地) 園芸種
樹 高 15~20cm
開花期と結実期 花:5月(まれにしか開花しない)
特 性 陽地~半陰地/耐寒性はやや強い/耐暑性は普通/生長はやや遅い
植栽域  
美 性 テイカカズラの斑入り品種で、新葉が白やピンクになる常緑のつる性低木。テイカカズラに比べ、成長が遅く樹形がコンパクトにまとまる。
用 途 グラウンドカバー、花壇、ハンギング
管 理 ・特に管理を必要としない。伸び過ぎたつるを切り戻す程度。花を楽しむ場合は、剪定は花後のみ(前年夏に花芽形成)とする。
・湿り気のある、肥沃な土を好む。
・日陰では発色が鈍いが、あまりに日光が強すぎても葉焼けに注意が必要になる。
・病虫害は少ない。
類似種と品種 基本種:テイカカズラ/品種:ニシキテイカ
文 化  
メ モ ・繁殖は挿木。
・伸びたつるが土に接すると根が出るため、掘り取って増やすことができる。
事例写真

地被としての利用(東京都江東区。2009/9/10)
紅葉する地被(横浜市西区。2015/11/1)
壁面をよじ登る(愛知県名古屋市ランの館。2008/7/21)
大鉢植え(東京都立川市。2009/4/5)

備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる