ヒメシャラ 姫沙羅

Stewartia monadelpha Sieb.

繊細な樹形と赤褐色の肌、最も美しい雑木 indexへもどる
全景
ヒメシャラ樹形の写真
2005年5月 神奈川県川崎市
ヒメシャラ花の写真
2005年5月 神奈川県川崎市
ヒメシャラ花の写真
2006年9月 神奈川県川崎市
樹皮
ヒメシャラ実の写真
2005年11月
東京都世田谷区
ヒメシャラ樹皮の写真
2005年5月 神奈川県川崎市
分 類
高木
区 分
落葉広葉樹
科属 ツバキ科ナツツバキ属
別名と外国名 別名 :ヤマチシャ、アカギ、サルタノキ
自生地(原産地) 神奈川県箱根以西の東海道・紀伊半島、四国、九州屋久島まで。日本固有。
樹 高 10~15m
開花期と結実期 花:5~6月/実:9~10月
特 性

日照は中庸樹~陰樹/耐乾性は弱い/耐寒性は強い/耐潮性は普通/耐煙性は普通/生育がやや早い/浅根性/雌雄同株/移植はやや困難

植栽域 本州~九州
美 性 株立ち樹形のものが多く使われる。赤褐色の樹皮は赤褐色が目立ち、若木は平滑だが、老木では剥離し独特の斑紋をしめす。枝振りは繊細な印象を与える。ナツツバキより華奢な雰囲気をもつ。個人庭や和風庭園で好まれる。秋の紅葉にも観賞価値がある。
用 途 庭園樹、公園樹
管 理 ・小枝が多く発生し、樹冠内に枯れ枝が生じるため、これを剪定する。自然樹形を意識した剪定を行なう。
・幹元への直射日光は幹を痛めやすい。
・病害:さび病、葉枯れ病など
・虫害:チャドクガ、アオドウガネなど
類似種と品種 類似種:ナツツバキ、ヒコサンヒメシャラ
文 化 ・材は床柱、器具材、彫刻材に利用される。
・花言葉:「愛らしさ」
メ モ ・繁殖は実生、挿木。
事例写真

・名所:箱根神社のヒメシャラ純林(神奈川県足柄下郡箱根町。県天。2011/5/4)

備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる