ホルトノキ

Elaeocarpus sylvestris var.ellipticus

いつも紅葉している木 indexへもどる
  
全景

2009年4月29日 神奈川県横浜市

2005年7月31日
東京都葛飾区

2004年12月
神奈川県川崎市
樹皮

2004年12月
神奈川県川崎市

2006年10月
神奈川県川崎市
分 類 高木 区 分 常緑広葉樹
科属 ホルトノキ科ホルトノキ属
別名と外国名 別名:モガシ
自生地(原産地) 本州(千葉県南部以西)、四国、九州、沖縄、済州島、中国南部、台湾、インドシナ/沿海地の林内に自生
樹 高 10~15m
開花期と結実期 花:7~8月/実:11~翌2月
特 性 陽地~半陰地/耐潮性は強い/成長はやや遅い/移植やや容易
植栽域 関東南部~沖縄
美 性 全体にヤマモモに似るが、それよりやや細長い葉がつき、部分的に紅葉している葉が一年中ある。樹形が整いやすく、端正な常緑樹。強健な性質から、都市の悪条件下でも耐え、よく利用される。
用 途 街路樹、公園樹
管 理 ・病虫害は少ない。
類似種と品種 類似種:ヤマモモ
文 化

・名の由来は「ポルトガルの木」の転訛。元来はオリーブのことだったが、平賀源内が間違って同定して、そう呼ばれた。
・徳島市の木。
・材は建築材、器具材。樹皮は染料、果実は食用になる。

メ モ ・雌雄同株
・日本一のホルトノキは静岡県伊東市の「比波預天神のホルトノキ」で、幹周は6.9m。
事例写真 街路樹(東京都葛飾区。2005/07)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる