イチョウ 公孫樹、銀杏

Ginkgo biloba L.

シンボリックなジュラシックツリー indexへもどる
全景

2005年11月27日 東京都調布市

2008年4月
東京都新宿区
雄花

2005年7月
東京都世田谷区
樹皮

2005年10月20日
東京都世田谷区

2005年4月
東京都世田谷区
分 類
高木
区 分 落葉針葉樹
科属 イチョウ科イチョウ属
別名と外国名

別名:ギンナン、チチノキ/英名:ginkgo;maidenhair tree/中国名:公孫樹、鴨脚子

自生地(原産地) 中国
樹 高 15~30m
開花期と結実期 花:4~5月/実:9~10月
特 性 日照は陽樹/生長は極めて早い/乾燥に極めて強い/耐煙性は強い/移植容易(大径木移植も可能)/病虫害に強い/耐火性あり/萌芽力あり/耐風性は強い
植栽域 北海道~九州
美 性 まっすぐに幹が立ち、枝を剪定せずに伸ばすと長くて太い枝が斜上する。葉は長い葉柄をもち、扇形。特に秋の黄葉の美しさは高木の中では格別である。都市環境に対して強いため都市内の緑化に多用される。芯がまっすぐに立って伸びる樹形から、シンボルツリーや記念樹に適し、ビスタを強調する場での街路樹などにも多用される。広い場所に単木で植えると枝張りが大きくなり広円錐形の樹形になるが、街路樹では枝を切り詰め円錐形にしていることが多い。
用 途 公園樹、庭園樹、街路樹
管 理 ・狭い場所では狭円錐型の人工樹形に仕立てることが多く、充実した枝を残した切返しによって樹形をつくり、枝先にコブを作らないように剪定する。
・冬期剪定は隔年~2年置きに行う。

・病害:赤衣病、べっこうたけ病、ペスタロチア病、すす斑病、胴枯れ病など。
・虫害:チャノミガなど
・病虫害は少ない。
類似種と品種 ・オハツキイチョウ(果実が葉につくもの)、立性、斑入り葉などの園芸品種。
文 化

・名の由来は、葉の形をアヒルの足に見立てた中国語「鴨脚」の読みが訛ったものとされる。

・東京大学付属小石川植物園には、1896年に平瀬作五郎により世界で初めて種子植物の精子が発見されたというがある。
・日本には中国帰りの僧が持ち込んだといわれ、寺院や神社の境内によく見られる。
・室町時代には既に栽培されていたとされ、渡来時期は平安後期から鎌倉時代というのが一般的な説になっている。
・ヨーロッパには1690年ドイツ人ケンペルによって紹介され、世界へ広まった。

・大木となり、シンボリックな樹形のため、各地で天然記念物指定を受けているものが多い。
・東京都、神奈川県、大阪府の県木。東京大学、大阪大学、熊本大学の木などに選定されている。

・材は淡黄色で柔らかいが、緻密で光沢があり、天井板、床板、将棋駒、俎板など広い用途に用いられる。
・薬用として、咳止め、去痰薬などに用いられる。
・果実のギンナンは食用されるが、過食は中毒を起こすことがある。
・ギンナンの生産としては、愛知県中島郡祖父江町(稲沢市)が生産量日本一を誇る(全国の3割のシェア)。栽培品種の保存にも努めている。

・老木などによく見られる気根は乳房に見立てられ、子宝祈願や安産のシンボルとされる。

メ モ

・雌雄異株。風媒花。
・イチョウ科の植物は中生代ジュラ期(1億9000万年前)に繁栄。この仲間では本種だけが現代まで生き残り「生きた化石」のひとつ。1科1属1種。
・日本でも化石の存在から、新生代の鮮新世~更新世の約200万~100万年前までは自生していたが、寒冷化などが原因となって絶滅したとされる。

・近年では、あまりに大木になることや落葉が腐りにくいことなどから、造園での利用が減ってきている。
・果実(ギンナン)は悪臭をもち、粘液が皮膚につくとかぶれることがある。アライグマが食べることがあるようだが、大昔には恐竜が種子散布を担っていたという説がある。

事例写真

・巨樹名木:「善福寺のイチョウ」(東京都港区。国指定天然記念物。東京都最大の木。樹高20m、幹回り10.4m)
・巨樹名木:日本最大のイチョウ「北金ヶ沢のイチョウ」(青森県深浦町。2008/5。樹高40m、幹回り20m)
・巨樹名木:「首懸けイチョウ」(東京都千代田区日比谷公園。幹回り6.5m。1901年(明治34年)の公園造営時に移植された大木。2008/3/19)
・巨樹名木:「鶴岡八幡宮の大イチョウ」(神奈川県鎌倉市)
・巨樹名木:「葛飾八幡宮の千本イチョウ」(千葉県市川市)

・名所:祖父江のイチョウ(愛知県稲沢市祖父江町。2014/11/29)

生垣(東京都町田市薬師池公園。2008/9)
伐採跡のヒコバエ(横浜市青葉区こどもの国。2013/3/10)

街路樹:超整形木。(神奈川県川崎市川崎区。2008/11/19)
並木:梢端部切り詰め。(東京都立川市昭和記念公園。2010/11/18)
・街路樹:「日本大通り」(神奈川県横浜市。2009/11/18)
・街路樹:「神宮外苑銀杏並木」(日本を代表するイチョウ並木。東京都新宿区。2010/11/8)

備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる