カイズカイブキ 貝塚伊吹

Juniperus chinensis L, var. Kaizuka Hort.

緑の炎を連想させる独特の樹形 indexへもどる
全景 列植

2002年10月 東京都文京区
小石川植物園

2005年5月 東京都世田谷区
樹皮
準備中
分 類
高木
区 分 常緑針葉樹
科属 ヒノキ科ビャクシン属
別名と外国名 別名:カイズカ、カイズカビャクシン
自生地(原産地)  
樹 高 3~5m
開花期と結実期 花:4~5月
特 性 日照は陽樹/生長は速い/耐煙性は極めて強い/耐潮性は強い/耐暑性は強い/萌芽力あり/移植容易
植栽域 北海道南部~九州
美 性 樹形は広円錐形にまとまり、側枝が旋回して火焔のような独特な形になる。鱗片状の葉が密生し、葉は針葉樹の中で最も明るい緑色である。下枝の枯れ上がりもなく、樹形が整えやすい。枝葉が密生し、遮蔽機能が高い。
用 途 公園樹、庭園樹、街路樹、生垣
管 理 ・刈り込みを好まない。強く刈り込むと針状の葉が伸びて見苦しくなることがある。
・秋、生長が止まる前に刈り込む。
・枝が伸びすぎたら、芽摘みを適宜行なう。
・ナシやハナカイドウに罹病する赤星病の中間宿主となるので、近辺には植えない。
類似種と品種 類似種:イブキ、タマイブキ
文 化

・日本一の大木は、山口県山口市大字今市の正福寺にあり、高さ18m、幹回り3.1m。昭和15年県天然記念物指定。→樹勢はあまり良くない。

メ モ  
事例写真  
備 考  
参考文献
「花と樹の図鑑」柏書房
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる