ナンキンハゼ 南京黄櫨

Sapium sebiferum Roxb.

中国趣味の華のある落葉高木 indexへもどる
全景

2004年6月 佐賀県武雄市

2005年7月25日
愛知県長久手町

2006年7月
東京都新宿区
新宿御苑
樹皮

2006年10月
千葉県千葉市
幕張メッセ

2006年7月
東京都新宿区
新宿御苑
分 類 高木 区 分 落葉広葉樹
科属 トウダイグサ科シラキ属
別名と外国名 別名:トウハゼ、リュウキュウハゼ、カンテラギ/英名:Chinese tallow-tree/中国名:烏?
自生地(原産地) 中国大陸南部
樹 高 8~15m
開花期と結実期 花:6~7月
特 性 陽樹/成長は極めて早い/耐煙性は普通/耐潮性は強い/萌芽力は強い/病虫害は強い/移植困難/湿地に強い/痩地でもよい
植栽域 本州中南部~九州
美 性 凹凸の少ない樹肌と繊細な枝先が作るたおやかな樹冠が特徴。樹形は長楕円形に自然に整う。長い葉柄のある葉は菱形で先は尾状にとがる。葉が風にそよぐ姿は涼しげで、梅雨時に木全体に咲く橙黄色の花はよい香りを放つ。紅葉も鮮やかで、落葉後枝先に残る白い果実とともに中国様の雰囲気をもつ。
用 途 庭園樹、公園樹、街路樹
管 理 ・剪定に耐え、樹形を整えやすいが、生長が早く狭い空間では毎年の手入れが必要になる。自然樹形では樹形が整いやすい。
・日陰では樹形は乱れ、美しい紅葉も見られない。

・病害:黒色角斑病、根こぶ線虫病など
・虫害:イラガ類など
・病虫害は比較的少ない。
類似種と品種 園芸品種:‘メトロキャンドル'(全景)
文 化

・種子からは油脂が採れ、石鹸や蝋燭などに用いられ、その絞りかすからは肥料が採れる有用植物。
・漢方では根皮を乾燥させたものは烏臼と呼び、利尿効果があるとされる。
・日本への渡来は、江戸時代に上海から長崎に持ち込まれたのが最初とされる。

メ モ ・長崎県では街路樹として一番多く植えられている。
・鳥による散布で各地に野生化している個体が見られている。
・繁殖は実生。
事例写真 紅葉全景(東京都調布市神代植物公園。2006/11/25)
街路樹の紅葉全景(千葉県印西市。2010/11/10)
紅葉(横浜市都筑区。2016/11/21)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる