ロウバイ 蝋梅

Chimonanthus praecox

冬の陽だまりに咲く新春の花木 indexへもどる
全景
2011年1月9日
川崎市麻生区
王禅寺
2004年2月29日
東京都調布市
2011年6月25日
神奈川県小田原市
紅葉
> 2011年6月25日
神奈川県小田原市
準備中
分 類 高木 区 分 落葉広葉樹
科属 ロウバイ科ロウバイ属
別名と外国名 別名:カラウメ/英名:Sweet winter、Sweet Shrub/中国名:蝋梅
自生地(原産地) 中国
樹 高 2~4m
開花期と結実期 花:1~2月/実:9月
特 性 陽地~半陽地/耐寒性は強い/雌雄同株
植栽域 本州~九州
美 性 花のない時期に?細工のような黄色い花をたくさんつけ、目を引く新春の花木。和風、洋風いずれの庭にも用いられる。幹は地際から分岐し、株立ち状になる。
用 途 庭木、公園樹
管 理 ・樹形は自然にまとまりやすい。剪定は花のあとに徒長枝や枯れ枝を抜く。
・花は当年枝につける。
・ヒコバエは樹形を乱すようなら、地際で切っておく。

・病虫害は少ない。
類似種と品種 園芸品種:ソシンロウバイ(花弁全てが黄色)、トウロウバイ、満月ロウバイなど
文 化 ・名の由来は、中国名「蝋梅」の読みからや、蝋質の花の様子から。
・江戸時代初期に渡来。18世紀中ごろにはヨーロッパに持ち込まれた。
・中国では、ウメスイセンツバキとともに「雪中の四花」とされる。
・花言葉:「枯淡」
メ モ ・繁殖は実生。接木は園芸品種で用いられる。
・同時期に咲く植物、ウメクリスマスローズなどと一緒に植えると、冬の庭として楽しめる。
事例写真  
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる