トウチク 唐竹

Sinobambusa tootsik

稈の緑が美しい大柄なタケ indexへもどる
全景

2004年3月 東京都調布市
準備中
2004年3月
東京都調布市
準備中
2006年4月
京都府京都市
分 類
特殊
区 分
常緑広葉樹
科属 イネ科トウチク属
別名と外国名 中国名:唐竹
自生地(原産地) 中国原産とされるが、詳細は不明
樹 高 6~10m
開花期と結実期  
特 性 生長は速い
植栽域 関東南部以南
美 性 大柄なタケで、葉は中型。稈は緑色で、日本に見られる竹の中で最も節間が長く、60~80cmに達するのが特徴。近縁種に関東でよく利用されるナリヒラダケがあるが、本種は関西での栽培が多く、ナリヒラダケに比べ、葉が柔らかい印象がある。
用 途 庭園樹
管 理 ・観賞用には、径10~15mmの各節の枝を10cm内外の長さに刈り込むと、整然とした姿が楽しめる。
類似種と品種 類似種:ナリヒラダケ/品種:シマトウチク(スズコナリヒラ)
文 化

 

メ モ ・1980年ナリヒラダケの一斉開花の時に、本種が関東にも多く植えられたが、寒波で被害を受けた。
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる