ユリノキ 百合木

Liriodendron tulipifera

巨大な樹高とはアンバランスな上品な花 indexへもどる
全景

2004年6月
佐賀県
2005年5月 東京都調布市
神代植物公園
2005年5月 東京都調布市
神代植物公園
樹皮
2005年11月
東京都調布市
2005年5月
東京都調布市
分 類
高木
区 分 落葉広葉樹
科属 モクレン科ユリノキ属
別名と外国名 別名:ハンテンボク、チューリップノキ/英名:Tulip Tree
自生地(原産地) アメリカ中部
樹 高 30m
開花期と結実期 花:5~6月/実:10月
特 性 日照は陽樹/生長は速い/耐寒性は普通/耐潮性は普通/耐煙性はやや強い/雌雄同株/移植はやや困難
植栽域 北海道南部~沖縄
美 性 直幹で、大木になる。樹形は端整かつ雄大だが、葉は光沢のある明るい緑色なので、全体として爽やかな感じがする。秋には黄葉する。梅雨時に咲く緑黄色でチューリップ形の花は高いところに咲くので目立たないが、形がおもしろく魅力がある。
用 途 公園樹、庭園樹、街路樹、記念樹、建築材、家具材
管 理 ・成木の移植は困難で根回しが必要。
・列植した場合、生育が不均一になりやすく注意する。
・病害:べっこうたけ病など
・虫害:アブラムシなど
類似種と品種 園芸品種:‘ファスティギアタ’(立性)、‘オーレオマルギナータム’(黄覆輪葉)
文 化 ・名の由来は、花がユリの形に似ていることから。
・日本には明治初年に渡来。
・アメリカ先住民はこの木から丸木船をつくった。
・アメリカのインディアナ州の州花。
・蜜源植物のひとつ。
メ モ ・繁殖は実生(採り播き)。
・耐アルカリ性。
事例写真 街路樹(横浜市洋光台。2010/8)
黄葉(東京都渋谷区。2015/11/6)
剪定痕は目玉模様(福井県福井市。2011/5/14)
・巨樹名木:国立博物館のユリノキ(東京都台東区)
備 考  
参考文献
「花と樹の図鑑」柏書房
「ユリノキという木」アボック社
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる