樹木と遊ぼう−その5−

ススキのミミズクとフクロウ

ススキの穂が晩秋の風にそよぐ季節がやってきました。
そこで、近所のススキを集めてミミズクとフクロウを作ってみました。
これまで拾い集めた木の実も使って、季節物で玄関を飾ることができました。
(2007.11.17実施)

ススキのミミズク材料

ミミズクに用意したもの
・ススキの穂 25本位(花が開いていないものが扱い易い)
・ハンノキの実 2個(目玉用)
・キンエノコロの穂 2本(耳用)
・ユリノキの実 1枚(嘴用)
・タコ糸(ススキを縛るため)
・ハサミ(形を整えるため)


※ススキの穂はなるべく長い方が扱い易いです。集めるには、手で折ることもできますが、ハサミがあった方がラクチンだと思います。

ススキを束ねる

頭の用意をする
ススキを7本位束ねる。穂の根元の部分を、タコ糸などで縛る。
※拡大画像(金色のビニタイで縛りました。)

ススキのミミズク頭 頭の形にする
束ねた中心を、そっくり返すように曲げて、根元で束ねて縛る。

※ゆっくり、上手に曲げないと、まあるくならない。縛った後に、たくし上げると丸くなった。
※拡大画像
ススキを2重に束ねる 胴体の用意をする
残りの穂を、頭をぐるりと囲むようにして、先に縛った位置の2、3cm下で束ねて縛る。

※拡大画像(緑色のビニタイで縛ったら目立つので、タコ糸に変更。)
ススキのミミズク胴体 胴体の形にする
中心から、そっくり返すように曲げて、根元で束ねて縛る。寝癖や後れ毛がヒドイ場合は、ハサミで散髪してあげると、さっぱりします。

※これも、ゆっくり上手に曲げないと、不恰好に…。最後は、たくし上げて誤魔化した。
※拡大画像
ススキのミミズク顔 顔をつけて完成
キンエノコロの穂を挿して耳に。ユリノキの実を挿して嘴に。ハンノキの実を挿して目玉にして、出来上がり。

※目玉の位置など、微妙なバランスで印象が変わります。なんとなくフツーに仕上がってしまった。
※拡大画像(木の実はタダ挿しただけ)
※と、いう訳で、気を取り直してフクロウ作りへ。
ススキの穂先とタコ糸 フクロウに用意したもの
・ススキの穂 15本位(茎は短くてよい)
・クヌギの殻斗 2個(目玉用。どんぐりの帽子。)
・シロヤマブキの実 2個(黒目用)
・クヌギの実 1個(嘴用)
・ハンノキの枝(止まり木用)
・タコ糸(縛ったり、吊り下げ糸にするため)
・接着剤(グルーガンがあれば最高)
・ハサミ(茎を切ったり、形を整えたりするため。)

頭を用意する
先に結び目を作ったタコ糸を中心に、ススキの穂を5本程束ね、根元で縛る。このタコ糸が、吊り下げ糸になる。
※拡大画像
ススキを巻き付ける 頭の土台をつくる
縛った場所に、3本位の穂を巻きつける。これがクッションの役割を果たす。

※拡大画像(巻き付けてタコ糸で縛った)
ススキのフクロウ頭 頭をつくる
束ねた中心を、そっくり返すように曲げて、根元で束ねて縛る。

※てるてる坊主のようになった。土台があるので、丸くなり易い。
※拡大画像
ススキのフクロウ胴体 胴体を作る
残りの穂を、頭をぐるりと囲むようにして、先に縛った位置の2cm下で束ねて縛る。中心から、そっくり返すように曲げて、根元で束ねて縛る。

※拡大画像
ススキのフクロウ完成 顔をつけて完成
クヌギの殻斗とシロヤマブキで目玉に。クヌギの実を嘴に。ハンノキの枝を止まり木にして出来上がり。

※2回目に作っただけあって、完成度は高まったようです。満足。
※拡大画像
ススキのミミズクとフクロウ ミミズクとフクロウ
ミミズクは茎をコップなどに挿して、ミミズクは壁に引っ掛けて飾りました。

「丸くかわいくしたい」という私の好みで作ってみたミミズクとフクロウ。思い切ってスマートにすれば、カッコイイ系の猛禽が生まれるかもしれません。 また、目玉などの飾りつけは、何を使うかで、変幻自在になりそうです。普段から落ちている木の実などを拾って、ストックして置くと、こういう時に活躍すること請け合いです。

おまけに作ったネズミ

ページの先頭へもどる
次のページへ
HOMEへもどる