ハマヒサカキ 浜●

Eurya emarginata

順序よく並ぶ照葉は乱れにくい優等生 indexへもどる
全景

2005年7月東京都調布市

2005年11月27日
東京都調布市

2006年4月 東京都世田谷区
刈込

2006年3月
神奈川県川崎市

2006年2月 東京都葛飾区
山本亭
分 類 低木 区 分 常緑広葉樹
科属 ツバキ科ヒサカキ属
別名と外国名  
自生地(原産地) 千葉以南から沖縄、朝鮮南部、中国/海岸林
樹 高 0.5~1.5m
開花期と結実期 花:12~4月/実:10~11月
特 性 陽地~半陰地/耐潮性は強い/耐煙性は強い/耐乾性はやや強い/生長は早い/萌芽力あり
植栽域 関東以南
美 性 暖地の海岸林に自生する常緑低木。強健種であり、革質で光沢のある葉は緑の濃い根締めとして、都市環境でよく利用されている。
用 途 庭園樹、公園樹、街路樹
管 理 ・樹高を低く抑えるには、定期的な刈込が必要になる。
・病虫害は少ないが、すす病がある。
類似種と品種 類似種:ヒサカキ
文 化

 

メ モ ・ヒサカキ(木へんに令=木令)
・繁殖は挿木、実生。
・雌雄異株
事例写真  
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる