ハナミズキ 花水木

Cornus flofida

アメリカ生まれの超人気花木 indexへもどる
全景

2004年5月 神奈川県川崎市

2004年5月
神奈川県川崎市
2004年5月
東京都文京区
樹皮

2004年
東京都新宿区新宿御苑
2004年5月
東京都文京区
分 類
高木
区 分 落葉広葉樹
科属 ミズキ科ミズキ属
別名と外国名 別名:アメリカヤマボウシ/英名:Dog Wood
自生地(原産地) 北米マサチュセッツ州からフロリダ及びオンタリオ、テキサス州
樹 高 5~10m
開花期と結実期 花:4~5月/実:9~10月
特 性 日照は中庸樹(多少の日陰が適する)/やや湿気のある肥沃地/耐潮性はやや弱い/生長は普通/湿地に強い/浅根性
植栽域 北海道南部~沖縄
美 性 ミズキ科特有の樹形。直幹で、枝が水平近く出る。樹冠は整形でやや盃状となり、若木では円錐形。秋の紅葉は美しい。開花は葉とともに、あるいは葉に先立き、代表的花木として十分な見ごたえがある。果実は鮮やかな赤色で、核果が数個ずつ付き、小鳥が好む。
用 途 公園樹、庭園樹、街路樹
管 理 ・自然と樹形が整うため、剪定は枝抜きや徒長枝の切り詰め程度にするのが良い。基本的に剪定は最小限にとどめたい。
・ウドンコ病の被害が多く、風通しを良くするとともに病葉を切り取るなどの対策をとる。
・病害では白紋羽病、灰色こうやく病、虫害ではアメリカシロヒトリなどに注意。
類似種と品種 品種:‘チェロキー・チーフ’、‘クラウド・ナイン’‘レインボー’‘ホワイトラブ’など多数
文 化

・当時の尾崎東京市長がアメリカへ桜を寄贈した返礼として1915年(大正4年)に渡来した話は有名。
・英名は、煎汁で犬の皮膚病を洗うと効果があることから。
・花言葉:返礼。

メ モ

・白色花は実生で多く生ずるが、紅色花は接木によって増殖するため、高価。
・ヤマボウシとの交配種で、ウドンコ病に耐性をもつ品種も開発されている。
・個人邸ではシンボルツリーとして利用されるほか、街路樹としても近年多用されている。
・繁殖は実生、接木。

事例写真

群植(東京都調布市京王フローラルガーデン)
列植(神奈川県川崎市ソリッドスクエア。2005/11/9)
街路樹(神奈川県横浜市。2009/4/15)

冬芽(東京都調布市神代植物公園。2011/2/15)

備 考  
参考文献
「庭木と緑化樹 2落葉高木・低木類」誠分堂新光社
「庭公園樹と地被植物」ワールドグリーン出版
「ガーデニング花木入門」NHK出版
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる