カンヒザクラ 寒緋桜

Prunus campanulata

濃紅色が映える筒型の花のサクラ indexへもどる
全景

2004年3月21日
東京都調布市
神代植物公園

2005年3月18日
東京都世田谷区

2005年7月
東京都調布市
樹皮
準備中
2005年7月
東京都調布市
分 類
高木
区 分 落葉広葉樹
科属 バラ科サクラ属
別名と外国名 ヒカンザクラ(緋寒桜)、ガンジツサクラ(元日桜)、サツマヒザクラ(薩摩緋桜)
自生地(原産地) 台湾、中国大陸。日本には自生がないが琉球諸島では各地で野生化している。
樹 高 10m
開花期と結実期 花:3月中旬
特 性 サクラのうちでは開花が早い/日照は陽樹/耐潮性はやや強い
植栽域 関東以南~沖縄
美 性 花は下向きで半分しか開かず、筒のような形をしている。一見、緋桃か紅梅のような濃紅色の花をつける。花期も他の桜と比べて早く、よく目立つ。 エントランスやアイスポットとなる場所に植えると、その良さが際立つ。
用 途 公園樹、庭園樹、添景樹、花木
管 理  
類似種と品種 園芸品種:リュウキュウカンヒザクラ(沖縄で栽培)、カンザクラ、オオカンザクラ、カワヅザクラ、オカメ、ヨコハマヒザクラ、ヨウコウなど
文 化 ・薩摩から江戸にもたらされたので薩摩緋桜の名がある。学名のCampanulataは花が平開せず筒形のことが多いのでつけられた。
メ モ ・沖縄で栽培されているリュウキュウカンヒザクラにはカンヒザクラと同じく花が筒型のものや、平開するものがあり、 花色も白~濃紅色と変異に富んでいる。
事例写真 カンヒザクラとレンギョウ(2004.3.21東京都調布市神代植物公園)
団地の入口への植栽(2005.3.18東京都世田谷区)
備 考 ・サクラの学名表記やカンヒザクラの分類については、追加されることがあるらしいので、2006.2.23発売の新日本の桜(山と渓谷社)も参照してみて下さい。
参考文献
「日本の桜」山と渓谷社
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる