コハウチワカエデ 小羽団扇楓

Acer sieboldianum Miquel

端正な日本のモミジ indexへもどる
全景
2014年9月26日
静岡県静岡市
準備中 2014年9月26日
静岡県静岡市
樹皮
準備中 2014年4月13日
横浜市
分 類 高木 区 分 落葉広葉樹
科属 カエデ(ムクロジ)科カエデ属
別名と外国名 別名:イタヤメイゲツ/英名:-
自生地(原産地) 本州、四国、九州
樹 高 10~15m
開花期と結実期 花:4~5月/実:6~9月/紅葉:10~11月
特 性 陰樹~半陰樹/耐寒性は強い/耐乾性は弱い/耐潮性はやや弱い/移植はやや容易/成長はやや遅い
植栽域 北海道南部~九州
美 性 樹冠が広がらず、すっきりとした樹形になりやすい。紅葉する木の中でも、特に紅葉(黄葉)が美しい樹。春の新葉も鮮やかなライムグリーン色で、四季を通じて鑑賞できる。葉の切れ込みが大きすぎず、比較的小ぶりなため、和洋を問わず利用される。
用 途 庭木、公園樹
管 理

・それほど剪定を必要としないが、剪定する場合は落葉直後~12月くらいが良い。

・病害:うどん粉病など。
・虫害:カミキリムシ類、アブラムシ類など。

類似種と品種 類似種:ハウチワカエデ
文 化 ・名の由来は、葉が天狗の羽団扇に見立てられたことから。
識別ポイント

・類似種にハウチワカエデがあり、本種の花は淡黄色であるのに対して、ハウチワカエデの花は紅紫色。また、葉っぱの大きさがハウチワカエデの半分ほどの大きさであるのが一般的。

メ モ ・雄花と両性花が混じる雌雄同株。
事例写真  
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる