マテバシイ 馬刀葉椎

Lithocarpus edulis

環境適応力抜群のドングリの木 indexへもどる
全景

2002年1月 神奈川県横浜市

2005年5月 東京都大田区
神代植物公園

2005年4月 東京都調布市
神代植物公園
樹皮

2005年4月 東京都調布市
神代植物公園
 
分 類
高木
区 分 常緑広葉樹
科属 ブナ科マテバシイ属
別名と外国名 別名:マテバガシ、マテガシ、サツマジイ
自生地(原産地) 関東以西、四国、九州、沖縄(もともとの自生地は九州、沖縄とされる)
樹 高 およそ10~15m
開花期と結実期 花:5~6月/実:10月
特 性 日照は陽樹/耐潮性は強い/耐煙性は強い/成長はやや早い/萌芽力は強い/病虫害に強い/耐風性は強い/深根性/移植容易
植栽域 東北南部~沖縄
美 性 直幹のものと株立ち状になるものがあり、重厚な感じがする。単独木ではやや横広がりの整った球形になる。葉はつやのある深緑色で厚く大型で重なりあうため、樹冠の下は暗くなり植物の繁茂が抑えられる。どんぐりの木。
用 途 庭園木、公園樹、街路樹、環境保全林
管 理 ・枝透かしを適度に行ない、カイガラムシの発生に注意する。

・病害:うどんこ病、すす病、白紋羽病など
・虫害:シイフサカイガラムシなど
類似種と品種 類似種:アカガシなど
文 化 ・どんぐりは苦味が少なく、食用とされる。
・材は、薪炭、器具、建築材、シイタケのほだ木となる。
メ モ  
事例写真

列植(東京都立川市昭和記念公園。2010/11/18)

備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる