ソヨゴ 冬青

Ilex pedinculosa

さわやかな広葉常緑樹 indexへもどる
全景

2005年5月 東京都世田谷区

2005年5月25日
東京都世田谷区 雌花

2005年4月
東京都世田谷区
樹皮

2016年9月30日
千葉県船橋市

2005年4月
神奈川県川崎市
分 類 高木 区 分 常緑広葉樹
科属 モチノキ科モチノキ属
別名と外国名 別名:ソヨギ、フクラモチ、フクラシバ
自生地(原産地) 本州(新潟、茨城県以西)、四国、九州、中国、台湾、山地の乾いた林内や林縁
樹 高 3~7m
開花期と結実期 花:6~7月/実:10~11月
特 性 日照は陽地(陰地に耐える)/乾燥しすぎたり、強い西日があたると葉焼けをおこす/成長はやや遅い/土地を選ばない/潮風に耐える/耐寒性が強い/雌雄別株、雌株と雄株を近くに植えると実つきがよくなる
植栽域 九州、四国、本州中南部、福島県、宮城県(海岸寄り)
美 性 枝葉が疎で、軽やかな印象を与える常緑樹。和洋どちらの庭にも合う。秋に色づく赤い実の鑑賞価値も高く、実の多くつく雌木は雄木に較べると高値で取引される。自然樹形は野趣があり、雑木の植栽との相性がよい。
用 途 公園樹、庭園樹、生垣
管 理 ・放任してもあまり大きくならないが、時々枝透かしをするとよい。
・採光や通風が悪いとカイガラムシやテッポウムシの発生がみられる。
類似種と品種  
文 化

・長野県、山口県の一部ではサカキの代用にする。
・和名の由来は、堅い葉が風にそよいで音をたてるからといわれる。
・材は緻密で白く、器具材にされる。ギターのサウンドホール周囲の象嵌、算盤玉などに使われる。
・樹皮からは鳥もち、葉からは褐色染料をとる。
・葉を焚き火などに入れると内部の水分が膨張し、お餅のように膨らむ。

メ モ ・西日本を中心に自生する植物だが、富士五湖周辺にはかなり多く見られる。
・常緑広葉樹としては耐寒性の強いほう。
事例写真  
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる