チャボヒバ 矮鶏檜葉

Chamaecyparis obtusa obtusa Endl. var. breviramea Beissn

端整で上品なヒノキ indexへもどる
全景 新芽

2005年7月 愛知県長久手町
準備中
2005年3月
埼玉県滑川町
樹皮

2005年5月
東京都文京区

2005年4月
東京都調布市
分 類
高木
区 分 常緑針葉樹
科属 ヒノキ科ヒノキ属
別名と外国名 別名:カマクラヒバ
自生地(原産地)  
樹 高 5~8m
開花期と結実期 花:4月/実:10~11月
特 性 日照は陰地/陽地に耐える/生長は遅い/萌芽力あり
植栽域 北海道南部~九州
美 性 ヒノキの矮性品種。樹形は狭円錐形にまとまる。葉はヒノキより小型で扇状に密生し、柔らかな質感がある。コンパクトな樹姿はヒノキより華奢だが、品の良い印象を与える。
用 途 公園樹、庭園樹、生垣
管 理 ・陰樹だが、日当りも程よくある方がよい。
類似種と品種 類似種:ヒノキ/園芸品種:シダレチャボヒバ、オウゴンチャボヒバなど。
文 化

・別名のカマクラヒバは、樹高の高いものを言うことがある。
・ヒバの名はヒノキも呼ばれるが、特に造園用に使われる品種に使われる。

メ モ  
事例写真 生垣1(愛知県長久手町。2005/7)
生垣2(横浜市南区こども植物園。2010/9/26)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる