<植木の病害虫>

ルビーロウムシ

Ceroplastes rubens
ルビーロウムシ
2010年7月13日 神奈川県厚木市
成虫。ゲッケイジュに寄生

症状

ゲッケイジュ、ヒサカキ、カキノキ、柑橘類などに発生する吸汁性昆虫。葉や枝に寄生し、多発するとすす病を併発する。

病原菌と発生条件

カメムシ目ヨコバイ亜目カタカイガラムシ科の吸汁性昆虫。体長は5mm内外。年一回発生。雌成虫で越冬。5月下旬から6月下旬にかけて約1000粒産卵する。ふ化した幼虫は移動して枝に定着そ、ろう物質を分泌しながら成長し、8月下旬から9月中旬頃に成虫になる。雌成虫は頭も脚もほとんど退化し、移動しない

防除法

・補殺。
・体を覆うろう物質のため、薬剤散布は直接かかりにくいことから、効果が出にくい。そのため、幼虫が未発達である7月上旬頃の薬剤散布が最も効果的。

備考

 
ゲッケイジュのページへ戻る
病害虫のindexページへ戻る
HOMEへもどる