オタフクナンテン お多福南天

Nandina domestica 'Otafukunanten'

矮性の紅葉低木 indexへもどる
全景

東京都港区
準備中
千葉県千葉市
新芽
準備中 準備中
分 類
低木
区 分 常緑広葉樹
科属 メギ科ナンテン属
別名と外国名 別名:オカメナンテン、ゴシキナンテン
自生地(原産地) 中国原産
樹 高 30~50cm
開花期と結実期 花:5~6月/紅葉:12~2月
特 性 陽地~半陰地/成長はやや遅い/耐乾性はやや強い/耐寒性はやや弱い/耐潮性は強い/病虫害に強い
植栽域 北海道~沖縄
美 性 常緑だが、冬になると鮮やかな赤色に紅葉する。ナンテンの矮性種。観賞樹として優れており、アクセントや密植した地被とする利用も多い。和洋どちらの雰囲気づくりにも使える。
用 途 地被、公園樹、庭園樹、盆栽
管 理 ・樹形は自然と球形に整い、特に剪定は必要としない。
・日に当たったところが紅く紅葉する。
・冬の乾燥に注意。葉を落とすことがある。

・病害:紅斑病、たんそ病、うどんこ病など
・虫害:カイガラムシなど
類似種と品種 類似種:ナンテン
文 化

・名のお多福難転から、お多福と難転の二重の意味から、いかにも縁起木。

メ モ ・葉牡丹との組合せで冬の花壇にも利用される。
・繁殖は挿木。
事例写真 全景(千葉県船橋市。2014/6/21)
全景(神奈川県横浜市。2013/12/21)
備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる