トチノキ 橡の木

Aesculus turbinata Blume

森の賢者の風格

indexへもどる
全景

2005年5月8日
東京都調布市
神代植物公園

2004年3月21日
東京都調布市
神代植物公園

2005年4月3日
東京都調布市
神代植物公園
樹皮

2005年7月
東京都調布市
神代植物公園
 
分 類
高木
区 分 落葉広葉樹
科属 トチノキ科トキノキ属
別名と外国名 別名:クリトチ/英名:Japanese horse chestnot
自生地(原産地) 北海道(札幌以南)~九州/肥沃な沢筋
樹 高 20~25m
開花期と結実期 花:5~6月/実:10月
特 性 日照は中庸樹~陰樹/耐潮性は強い/耐煙性は強い/成長はやや早い/萌芽力あり/深根性/移植はやや困難
植栽域 北海道~九州
美 性 大きな掌状複葉が特徴的。幹や枝も太くなり、どっしりとしている。パリの有名なマロニエ並木のイメージの良さから、在来のトチノキも植栽されている。初夏には、樹上にたくさんの「ろうそく」を立てたように咲く白い円錐花序が目立つ。樹形は広円形。
用 途 庭園木、公園樹、街路樹
管 理 ・剪定に耐えるが、できるだけ自然樹形を鑑賞したい樹木。
・乾燥に弱いので、移植後十分な養生期間を設ける。

・病害:褐斑病など
・虫害:トチノキヒメヨコバイ 、カイガラムシ類、オオケンモンなど
・生理障害:幹焼け
類似種と品種 類似種:ベニバナトチノキ`ブリオッティ'セイヨウトチノキ‘バウマニー'
文 化 ・種子をあく抜きしたものを食用とする。トチ餅、トチ粥。縄文時代から重要な食用資源として利用されている。
・蜜源植物。
・材は耐久度に劣るが、美しく光沢があり、彫刻材、器具材、家具材、建築材などに用いられる。
・栃木県の県木。
メ モ ・雌雄同株
・植栽後、開花するまで15年ほどかかるとされる。
事例写真

黄葉(茨城県つくば市筑波実験植物園。2010/11/3)

・巨樹名木:日陰のトチノキ(山梨県北杜市)

備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる