トウカエデ 唐楓

Acer buergerianum

強健で伸び伸びと育つカエデ indexへもどる
全景

2005年8月 東京都世田谷区
駒沢公園
準備中
2005年5月
東京都調布市
神代植物公園
樹皮

未熟果
2005年7月
東京都調布市
神代植物公園

2005年4月
東京都調布市
神代植物公園
分 類 高木 区 分 落葉広葉樹
科属 カエデ科カエデ属
別名と外国名 別名:サンカクカエデ/中国名:三角楓
自生地(原産地) 中国大陸、台湾
樹 高 10~20m
開花期と結実期 花:4~5月/実:10月
特 性 日照は陽地/耐潮性はやや強い/耐煙性はやや強い/生長はやや早い/萌芽力あり/雌雄同株
植栽域 北海道南部~九州
美 性 主幹が立ち、広円錐形から半球形の整った樹形になる。葉は浅く三裂し、ほぼ三角形。寒冷地では美しい紅葉も楽しめる。萌芽力が大きく、刈込もでき、樹形を調整できる。都市環境にも耐えるため街路樹に多く利用される。
用 途 公園樹、庭園樹、街路樹、生垣
管 理  
類似種と品種 類似種:タイワンフウ/園芸品種:‘ハナチルサト'など
文 化 ・江戸時代の1721年に長崎に持ち込まれた。
メ モ  
事例写真 紅葉した公園樹(東京都江東区木場公園。2006.11.3)
生垣(東京都調布市神代植物公園。2005.5.8)
街路樹(茨城県つくば市。2011.11.16)
備 考  
参考文献

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる