クルメツツジ 久留米躑躅

Rhododendron × obtusum var. sakamotoi

バリエーションに富んだ花と品種名 indexへもどる
  
全景

2004年4月18日
東京都調布市神代植物公園

2004年4月18日
東京都調布市
'末摘花'

2004年7月
東京都調布市
冬姿
準備中 準備中
分 類
低木
区 分
常緑広葉樹
科属 ツツジ科ツツジ属
別名と外国名 別名:キリシマツツジ
自生地(原産地) 九州久留米地方で栽培された品種グループ
樹 高 2~3m
開花期と結実期 花:4~5月
特 性 寒地では半落葉性/陽樹~中庸樹/生育は遅い/細根性/移植容易/萌芽力強い/剪定に耐える/弱酸性土壌を好む/耐寒性はヒラドツツジより強いが、根の過湿に弱い
植栽域 北海道~九州
美 性 小さな花を枝先に多くつけ、一斉に咲くので、花の時期は全体が花色に染まる。丈夫で刈込に強いので、用途は広い。サツキと似ているが、葉が少し大きめで花期が異なる。
用 途 庭園樹/公園樹/盆栽、鉢植
管 理 ・翌年も花を咲かせるには、剪定は花後すぐ~6月までに行なう。
・大きさを維持するには、毎年の刈込みが必要。当年枝で、葉を少し残した程度の強さで剪定するのが、基本。
・時には、混みすぎた枝を抜いたり、前年枝までの切戻しも良い。
・花がら摘みは、翌年の花つきをより良くするために行なう。

・病害:褐斑病、花腐菌核病、もち病、ペスタロチア病など。
ツツジグンバイ、ベニモンアオリンガ、ハダニ類(フシダニ)、ゴマフボクトウ、ルリチュウレンジなど。
類似種と品種 近似種:キリシマツツジ
類似種:サツキヒラドツツジ
品種:'日の出の雲'、'緋の司'、'今猩々'、'麒麟'、'胡蝶'、'暮の雪'、'宮城野'、など多数
文 化 ・福岡県久留米市で久留米藩士により、すでに園芸品種として栽培されていたキリシマツツジと、野生種サタツツジなどを主として交配、選抜された品種群と考えられている。
・キリシマツツジと同様、小ぶりな花をたくさん咲かせるが、キリシマツツジの品種群より花数が多く、花色も多彩で華やかな品種が多い。
メ モ ・300以上の品種があるとされる。
備 考  
参考文献
PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる