バラ(ガーデンローズ) 薔薇

Rosa spp.

花の女王 indexへもどる
全景

2018年11月4日
神奈川県川崎市
生田緑地ばら苑
`クィーン・エリザベス’ HT

2014年5月18日
神奈川県平塚市
花菜ガーデン
`クィーン・エリザベス’

2018年6月17日
神奈川県平塚市
花菜ガーデン
`ラ・フランス’
樹皮
準備中
2018年11月4日
神奈川県川崎市
生田緑地ばら苑
`イングリッド・バークマン’
分 類 低木 区 分 落葉広葉樹
科属 バラ科バラ属
別名と外国名 別名:- /英名:rose
自生地(原産地) 園芸品種。野生種は北半球にのみ自生し、約150種。
樹 高 -(品種による)
開花期と結実期 花:5月上旬~11月(品種による)
特 性 陽樹から半陽樹/耐寒性はやや強い/耐暑性は強い(品種による)
植栽域 北海道南部~沖縄
美 性 バラはバラ属植物の総称。華麗で多彩な花色、花形をもち、古代ペルシャの時代にさかのぼる程の歴史をもち、最も愛され続けた花のひとつ。大まかには原種とオールドローズ、モダンローズの3系統に分類される。また樹形でも、木立性、半つる性、つる性に大別される。現在でも育種は盛んに行われ、より鑑賞価値があり丈夫な品種がつくられ続けている。
用 途 庭木、公園樹、コンテナ
管 理 ・自立するバラ(木立性、半つる性)の管理
冬季に、施肥(寒肥)のほか、草丈の半分以下に切り戻し、春先に再度、傷んだ枝の切戻しや芽かきをする。 開花中は花がら切り(若枝の切戻し)を適宜行なうというのが大まかな作業内容になる。
施肥は、固形肥料(寒肥)のほか、液肥(生育期、1~2週間に1回)を状況に応じて与える。
・植付時期は、春苗で4月中旬~6月、大苗で11~2月が適期。

・病害:うどん粉病、灰色かび病、黒星病、根頭がんしゅ病、ネコブセンチュウ病、白紋羽病など
・虫害:アブラムシ類、チュウレンジハバチ、アザミウマ類、ヨトウムシ類、ハダニ類、ゾウムシ類、カミキリムシ類など
類似種と品種

◆原種:8~9種の野生種が元になったとされている。

園芸品種:厳密な区分は困難。
◇オールドローズ
木立性(ブッシュ)バラ(一部)/つる性(つるバラ)(大半)
ガリカ(G)、ダマスク(D)、アルバ(A)、センティフォリア(C)、ブルボン(B)、ランブラー(R)など。

◇モダンローズ
木立性(ブッシュ)バラ/つる性(つるバラ):(ハイブリッド・ティー(HT)、 フロリバンダ(FL)、ミニチュア(Min)、イングリッシュ・ローズ(ER))など。

文 化

・ヨーロッパでは古くから、愛と美の象徴として、古代ギリシャの女神アフロディテに捧げられていた。
・紀元前6世紀までには、ギリシャやローマで栽培され、ローマ皇帝ネロ、エジプトのクレオパトラらが、ふんだんにバラの花を部屋に敷き詰めるなどして楽しだとされる。
・白バラはムハンマド、赤バラは絶対神アッラーを表わすものとされ、イスラム世界にとっても特別の花として扱われた。
・1455年ごろ、イギリスでランカスター家とヨーク家の、30年に及ぶ権力闘争は起こり、両家のシンボルがそれぞれ赤バラ、白バラを紋章としていたため、「バラ戦争」と呼ばれる。
・フランス皇帝ナポレオンの皇后ジョセフィーヌ妃はバラを大変好み、1802年にマルメゾン離宮にバラ園を作り、世界から集めた約250種にのぼるバラを栽培した。そのコレクションは、画家ルドゥーテの「バラ図譜」に記載され、園芸家デュポンによる人工交配(人工授粉)による育種技術の確立につながっていく。

・1867年にフランスの育種家ギヨーが、最初のモダンローズ‘ラ・フランス'を作出する。このバラの誕生以前のバラを「オールド・ローズ」、以降のばらを「モダン・ローズ」と一般的に区別される。
・1900年、ペルネ-デュッセが、初の黄色四季咲きバラを作出した。
・1912年、デンマークのポールセンが、後にフロリバンダ(アメリカで命名)と呼ばれるようになった四季咲き中輪花を作出した。

・品種改良に使用された原種のうち3種類(ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナス)は日本原産。
・観賞用のほか、香料としても利用される。
・西洋バラの栽培は江戸時代末から広がった。
・「殿堂入りのバラ」は、世界バラ会連合が「世界中で愛されている名花」に相応しい品種を3年ごとに選出している。
・地域のシンボルとされているところが多く、イギリス、イラン、サウジアラビアほかの国花とされている。また、茨城県の県花、横浜市ほかの市の花として指定されている。

メ モ ・繁殖は播種、接木、挿木。
・接木の台木にはノイバラが利用される。ヨーロッパではロサ・カニナ。
事例写真

・名所:横浜イングリッシュガーデン
・名所:京成バラ園
・名所:生田緑地ばら苑
など

備 考  

参考文献
「バラ大百科」上田義弘、河合伸志監修,NHK出版ほか

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる