ウメ 梅

Prunus Mume Sieb. et Zucc.

万葉人に愛された中国の花木 indexへもどる
全景

2008年3月9日 神奈川横浜市
馬場花木園

2003年2月 東京都調布市
ウメ‘白難波’

2005年5月 東京都調布市
樹皮

2005年6月 東京都調布市

2005年7月 東京都調布市
分 類
高木
区 分 落葉広葉樹
科属 バラ科サクラ属
別名と外国名 別名:コウブンボク/英名:Japanese apricot/中国名:梅
自生地(原産地) 中国中部
樹 高 3~10m
開花期と結実期 花:2~3月(早咲き品種では12月から)/実:6月
特 性 日照は陽地/耐乾性はやや強い/耐煙性は弱い/耐潮性はやや強い/成長は遅い/萌芽力あり/移植は容易
植栽域 北海道南部~沖縄
美 性 古来より端整な5弁の花と芳香が親しまれている。和風な趣きを感じさせ、サクラより古くから観賞の対象とされてきた。樹形は単幹だが、下枝が根入れのすぐ上から出る個体も多く、枝は横張性が強いので、全体的にまとまって見える。花の対比を楽しめるように、サンシュユやダンコウバイと混植されることも多い。
用 途 庭園木、公園樹、盆栽、果樹、生花
管 理 ・不定芽、徒長枝など不要の枝は発生しやすく、花後に取り除く。
・剪定は休眠期(10月末~2月中旬)に行う。

・病虫害は多い。
・病害:コフキサルノコシカケウズラタケなどの材質腐朽病、黒星病、かいよう病、うどんこ病、炭疽病、白紋羽病、ウメ輪紋ウイルス病など
・虫害:アブラムシ、タマカタカイガラムシ、ウメシロカイガラムシ、オビカレハ、ウメエダシャク、コスカシバなど
類似種と品種 園芸品種:大別して野梅系、豊後系、紅梅系杏系の4系に分類され、300以上の品種があるとされる。
文 化

・「万葉集」にはウメの歌が118種詠まれていて、万葉集に詠まれる花木の中ではハギに次いで第2位。日本に渡来したのは奈良時代頃と考えられている。
・日本最古の園芸書「花壇綱目」(1681:江戸期天和年間)には、既に53もの栽培品種が収載されている。
・古来白花で香りが高いものが尊ばれる。
・果実の利用は、食用として、梅干、果実酒、砂糖漬など。薬用として未熟果を加工したものを「烏梅」といい、下痢止め、解熱、咳止めに用いる。
・樹皮は染料。材は緻密で堅く、床柱、櫛、算盤玉などに使われる。
・台湾の国花。

メ モ ・自家不稔性のものが多い。その場合、果実を得るには別品種の授粉樹と植えるとよい。
・根締めにリュウノヒゲを植えると害虫を忌避できると言われる。(「農薬に頼らない家庭菜園コンパニオンプランツ」家の光協会)
・繁殖は実生、接木、挿木。
事例写真

街路樹(東京都青梅市。2008/3)
群植(東京都青梅市「梅の公園」。2008/3)
梅畑(神奈川県横浜市。2009/3/7)

・名所:熱海梅園(静岡県熱海市。2015/2/11。)
・名所:曽我梅林(神奈川県小田原市。2015/2/15。)
・名所:偕楽園(茨城県水戸市。2015/3/15)
・名所:宝登山梅百花園(埼玉県秩父郡長瀞町。2015/3/28)
・名所:小田原フラワーガーデン(神奈川県小田原市。)
・名所:梅の公園(東京都青梅市。)  

備 考  
参考文献
「育てて楽しむウメ 栽培・利用加工」大坪孝之,創森社
「よくわかる栽培12ヶ月 ウメ」大坪孝之,NHK出版 ほか

PAGE TOPへもどる
indexへもどる
HOMEへもどる